FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
某短編小説コンペサイトに、久しぶりに作品を投稿しています。票が入ることも、感想をもらえることも大変うれしく思います。いつもながら運営者の北村さんには感謝するばかりです。

8月の参加作品にいただいた感想についてすこし反応しておきたいと思います。「若人は~」って作品に対する文体の指摘です。

①話の内容よりも文体にこだわりがあるような書き方。
 ・・・本作品に明確なストーリーはありません。かつ、雰囲気や自分なりのテーマが描きやすくなるように文章を考えました。そういう意味で「話より書き方に注力している」とはいえます。書き方を最重視しているわけではありませんが、文体を読ませるような過剰さは、もしかしたら滲んでいたかもしれません。読書量や作文量が乏しいので、適材適所の言葉遣いを心得ていないことは他の作品からもきっと読み取っていただけているでしょう。

②アメリカ文学っぽい文体
  ・・・アメリカ文学は僕にもよくわかりません。読んだことがあるのは「白い犬とワルツを」やら「ギャツビー」やらの数冊だけです。アメリカ文学の影響を受けた村上春樹の小説はわりと読んでいるので、その影響は少しあるかもしれません。しかし、それよりも大きな存在感があるのは重松清と三田誠広だと考えています。2作家の作品はそれぞれ思春期の初期と末期にハマっていて、僕の中で印象が大変強いからです。ちなみに月並みですが夏目漱石と芥川龍之介の文章も好きです。簡潔で理知的な文章に憧れます。とはいえ、古い言葉にしがみついていると新しいことが書けません。そういう指摘ももらったことがあるので、肝に銘じて最近の小説も読みたい今日この頃です。

話は変わりますが、短編というサイトを知ってから結構たちます。僕が知った当時ですでに10年くらい歴史を刻んでいましたが、いまもなお走り続けているというのはすごいと思います。気に入っている作品は結構あるのですが、紙幅がないのでいくつかだけ書いておくと、まずsasamiさんの「九龍」。これは絶対プロの仕業ではないかと思うくらい流暢です。選評も熱くて読みごたえがあります(笑)。次に楡井さんの『銀河の夏、ニッポンの夏』。「肯くことを知らない扇風機はやっぱり首を振っている。」という最後の一文がとても格好良いです。同氏の作品は他に『木偶街道四号線を北へ』なども好きです。euRekaさんの作品はたくさんありますが、「質問」はすごく印象的でした。いつも文章に切実さがあるのですが、この作品には特に精神が揺すぶられます。同期っぽい位置づけの伊吹ようめいさんは、僕がいない間に「そして夜は俄に輝きを増して」という作品を書いていました。まっすぐで情景が鮮やかで、とても良いと思いました。わがまま娘さんの作品も好きです。この人の作品はすごい勢いで洗練されていった印象です。「闇と光と」なんかいいですね。

みなさんそれぞれ素敵な作品を残していっているわけですが、どんな読書経験をしてこられたのか、好きな作家はいるのか、そんなことをふと思ったのでした。
スポンサーサイト
2018.09.12 Wed l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
「ばかやろう、いつ死んでもおかしくねえんだ」
 一時間前まで雨が降っていた渓畔の泥質土に、ヒグマの明瞭な足跡がついていた。それを見落とした後輩・小出隊員を呼び止めた楠本隊長は、しかし次の言葉を詰まらせ天を仰いだ。足跡が、彼らのやって来た沢の入口へと向かっているためだった。
 両岸迫り寄るV字谷を風が吹き抜け、一帯の草木が鳴る。
「うわ、すれ違ったんすかね」
 楽しくなってきた、と呑気にはしゃぐ小出隊員を叱り飛ばしたのはずっと後のことである。背丈を越える藪を掻き分けてどうにか沢を稜線まで詰め、隣の谷の源流に入り、中盤まで下ったところでようやく作業道に出会っても、楠本隊長は喉と両耳が緊張しっぱなしで大声が出せなかった。車の置き場所に戻ってくるまで、後ろで小出隊員は繰り返し森のくまさんを熱唱していた。
 伐開地のベース小屋に帰ると小出隊員はすぐに昼寝を始めた。踏査日誌とヒグマの痕跡報告書を書きながら、隊長は後輩への小さな嫉妬を奥歯で噛み潰す。ペンが止まって外を見やる。夏空の青さに目が痛む。
 あと三分で遭難の可能性を疑わねばならないという時刻になってB隊の車が帰ってきた。運転席からボロ雑巾のような吉村隊員が降りてきた。助手席の関隊員も似たような格好だった。とはいえ誰もそれを気にしない。汚いヤッケを羽織り、虫の集まるタオルを頭に巻くのが彼ら学生ヒグマ調査団の正装だった。
「収穫はあったか」
「めっちゃ採れました、タモギタケ!」
 色褪せたザックから、吉村隊員はジップロックを取り出した。本来熊糞を回収するべきその袋たちには、黄色いキノコがこれでもかと詰められている。大岩のポイント付近にあるオヒョウの枯木にびっしりと生えていたのだという。
「水に浸けておこう。今夜で食えるだけ食うぞ」
 明日には授業を終えた他の隊員たちが加勢する。山菜の取り分は調査の士気に関わる問題だった。
 助手席から降りた関隊員は着替えもそこそこに、外に戻って道端のオオイタドリやエゾニュウに鉈を振る。その音に目覚めた小出隊員も煎餅布団から抜け出して、二人は刈り取った棒切れを手にチャンバラを始めた。エゾニュウの重さに振り回されてゲラゲラ笑う。
「あいつらがバテたら、温泉にでも行くか」
 隣で日誌を書く吉村隊員に、楠本隊長は言った。
「おお、行きたいです!」
 上機嫌な声があがる。その前に報告会か、と考えながら、隊長は微かに沢の匂いを嗅いだ。
2018.09.12 Wed l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
故郷で地震が起きていた。僕はそれを寝起きのネットニュースで知った。幾重にも重なる山々の襞が、ことごとく地肌を剥き出しにしていた。生き埋めになった生き物は多いだろう。土砂流木に押しつぶされた家たち。被害者の数は確定していない。大停電。こんな日に限って天気は良い。

家族の安全を確認し、テレビをつけてギリギリまで情報を拾った。何のギリギリかといえば、出社時刻だ。こんな日にも日常はしたたかに続く。続けることを強いられている。

日常は、天変地異に限らずさまざまなキッカケでいともたやすく瓦解する。その瞬間は、一応僕も知っている。そしてその瞬間は、いつでも僕らの陰に控えている。日常という概念ほど不確かなものはない。よってしたたかな、という形容動詞も含め、日常などというものは実際のところ幻想に過ぎない。それでも1%の非常事態がない限り、僕らは99%の日常を強いられている。

とまで書いたが、この言い方には間違いがあるだろう。僕は建設的な生き方が苦手だ。日常を健全に維持する能力も低い。要は消極的で受動的なのだ。それを自覚し、言い改めなければならない。日常は強いられるものではない。幻想であっても、僕らは無自覚なりに自ら努めて、日常を築いている。築こうと努めている。

非常事態とどう向き合うかを考えることは大事だと思う。しかしそれと同じくらい、この日常の「不確かさ」に対してどう向き合うかを、僕らは考えなければならないと思う。これは僕の大きなテーマのひとつだ。
2018.09.07 Fri l 未分類 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 浅い川の流れを足に感じた。瀬に溜まった砂の中へ、少しずつ沈んでいく。その感覚から根を張るように川面が広がっていく。
 昼前に川で遊んだのだ。淵の方に魚が見えて、追いかけようとしたら、岸で見ていた父に怒鳴られて思わず立ち竦んだ。気持ちだけが川に流れて、流水と細砂の冷たさだけが、ずっと残っていたようだ。
 背伸びをしたり、中腰になったりして、魚は見えないか、色々な角度から川面を眺めてみた。日差しが白く反射して煌めく。その合間には高い木々の影が映って、魚は見えなかった。
 顔を上げて振り返ると、岸に父はいなかった。山間の空が濃くて恐ろしかった。雲ひとつなかった。父は空に食べられてしまったのだろう。次に食べられるのは僕かもしれなかった。
 頭の上を小鳥が掠めた。小鳥はまっすぐに、川の向こうにある枯れ木へ飛んで行った。枝先に溜まった小鳥は青い、オオルリだった。オオルリが大きく口を開けて、澄んだ声で鳴く。
 鳥が飛んできた方を見た。岸辺に少女が立っていた。
「危ないよ、早く川から上がっておいで」
 少女は僕を呼んだ。
「でも、空が」
「空より川の方が怖いの。さあ」
 川から出た僕の手を引いて、少女は丘に登った。踊るような少女の綺麗な素足に、僕は膝まで捲ったままのズボンが恥ずかしかった。少女は髪が短かったけれど、顔はよく見えなかった。
 開けた小さな丘の頂上で、少女と僕は腰を下ろした。
「良かった、あなたが消えないでいてくれて」
 少女は可愛らしく笑った。丘からは、さっきまで立っていた川が見えた。ここからなら魚がたくさん見えた。魚たちは皆、底の見えない青い淵を泳いでいる。
「君は誰?」
「わたしはね、あなたのお嫁さんなんだよ」
 僕は少女の顔を見た。目が大きいのと可愛らしいことだけがわかった。手に掴んだ草をちぎって少女に吹きかけると、少女は楽しそうに笑いながら草切れを摘み上げた。
「こうしてわたし、あなたが子供の頃に会っておきたかった」
 風が強く吹いて、草切れが舞い上がった。少女の隣にいるのに、穴に落ちたような気分になって、僕はこれが自分の夢なのか、少女の夢なのか、わからなくなった。
 穴じゃない、空だ。
 もう一度風が吹いて目を覚ました。祖母の家は風通しが良いのだ。蝉の声が聞こえるが、家族の音はなかった。きっと出かけているのだろう。
 縁側に出た。まだ夏休みだった。木の葉や草に照る光がかぼちゃ色に変わり始めるのを、僕はしばらく呆然と眺めていた。
2018.08.16 Thu l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 久しく見ていなかった白々しい快晴の朝に、ブリザードの景色は何度もフラッシュバックした。すると今でも雪の海をラッセルしているかのようで、妙な浮遊感があり、まともに歩いている自分を忘れそうになる。もちろん膝はがくがくだ。あのときよりもずっとクリアに、先輩の声がした。後ろからベルの音。振り返って思わず立ち止まる。
 にこやかに私を抜き去った直後、先輩の乗る自転車は前輪が雪の穴に嵌ったらしく、そこを軸に彼ごと大回転を描いた。幸い先輩は運動神経が良いから、身体が車体の下になる前に空中でサドルから離脱し、脇に積まれたまだ柔らかい雪の小山へ無様にダイブした。
「うわーびっくりした。何が起こった!?」
 先輩は運動神経は良いけれど、馬鹿だ。
「下水の熱で、マンホールのところだけ雪が融けてたんですよ。そこらへんボコボコ空いてるでしょう」
「あ、あー、それな」
「通行人に見られると恥ずかしいから早く起きてください」
 コートを乱してもがく先輩を横目に、林道をふさぐ倒木のように引っ繰り返った自転車に手をかける。ゆっくり引き起こすと、サドルの位置は私の腰よりも高い。
「なんか冷たいなーお前。熱出てたんじゃなかったの?」
「誰のせいですかそれ。これを機に先輩もインフルエンザでのたうちまわってください」
 先輩が体中の雪を払い落としているあいだ、私は雪のついていないハンドルやサドルを撫で回しておく。
「悪い悪い、冗談だよ。今度全快祝いで奢ってやるから元気出せ」
「慰謝料分も盛ってくださいね。フレンチで」
「それはお見舞い品の分で勘弁して……」
 馬鹿を言え、暇だからという理由であえてスノーモービルを使わず、積雪を測るためにスノーシューで山林を連れ回された夢のような数時間から、いまだに私は解放されていないのだ。あんなに辛い、そして中身のない業務は初めてだった。地吹雪と吹雪の中で亡霊のように巨大なダケカンバの樹群が浮かぶ。確かなのは、膝上まである雪の海を率先して進む先輩の姿だけだった。彼からもらった生姜湯とチョコレートを、あんなに理不尽な状況でもおいしいと感じた自分が悔しい。
 ばつが悪そうに先輩は私から自転車を受け取り、隣を歩きだす。四月になってこの人が転勤してしまったら、絶対に悪口を言い触らしてやろうと思う。
「まあいいですけど。楽しかったし」
「……まじか」
 こういうときに限って先輩は私の方を見ない。やはりこの人は馬鹿だ。

------------------------
短編(ttp://tanpen.jp/)第148期コンペ参加作品。
なんとなく軽い関係の二人を書きました。そのため文章自体もライトテイスト。
ただダケカンバの風景はもう少し洗練させたかったと今になって思う。でもこれはこれで。
タイトルを「ノーザンハイク」にしなかったのには未だに迷いがある。
2015.02.12 Thu l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。