FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
本サイトの1000文字小説#123『ロストマン』は、投稿小説競作サイト「短編」第193期コンペ参加作品です。
本作はいろいろと考えて作った割に上手く表現できていなかったので、悪手ですが以下に解説します。

●文章の形式について
本作は日記という設定にしてあります。
日記というのは原則書き手のみが読み手になるという特殊なものです。そのため、書かれる情報は自分にだけ分かれば、本来支障はありません。情報がノイジーであったり、個人名がいきなり出てきてストレスがかかるという意見がありましたが、これは日記特有の独りよがり的性格が出たものと思います。もちろん、わざとらしくない方法で読みやすい文章構成にすることができなかったのは作者の力量の問題です。
日記の形をとったのは、時間差を作りたかったからです。日記はその日の出来事を(大抵は)その日中に書いて終わりですが、それを読み返して、後からコメントを書き足すことも可能です。この時間差を利用して、抑圧的な主人公が自分に対し自己開示をする、という展開を狙いました。
ひとつ失敗したなと思うのは、日付を書かなかったことです。そこまで具体的な情報を書きたくなかったのですが、日付のない日記は日記ではありません。このせいで日記だと思わなかった方もいたかもしれないと考えると、日付を抜いたのは得策ではありませんでした(タイトルを「二年前の日記」とでもしておけば良かったかもしれないですが、今回は「ロストマン」に思い入れを感じてしまったので良しとしてます)。

●言葉遣いについて
語調は努めて淡々としたものにさせています。結果的に主観的な記述は多くなりましたが、体温をあまり感じさせない客観的な文章を書いてみたい、という動機からの挑戦でした。
理系的な言葉遣いも真似しています。「これはおそらく、私の進路が彼女の影響を有意に受けていることを示唆する。」という文が顕著な例です。これに対しては言葉の使い方がおかしいという指摘がありましたが、それは全く正しい意見だと思います。
「有意」や「示唆する」は理系的な論文でよく見ますが、理系の文章なら「おそらく」という言葉はまず使いません。また、「有意」というのは統計学的な検定により「有意ではない」という仮説が棄却されたとき使う言葉です。よって、断定を避ける「おそらく」も「示唆する」も、一緒に並ぶことには違和感が伴います。それでもあえてこんな冗長で曖昧な文にしたのは、客観的に「影響を受けている」と言いたい(有意)けど、そう言い切れるような検証は行えていない(示唆する)し、正直自信もない(おそらく)という揺らぎの現れだと思っていただきたい。
どうせ統計解析の報告書でも論文ってわけでもないので、というのは作者の言い訳です。

●登場人物について
「短編」をご覧になっている方はお気づきだと思いますが、主人公は第191期参加作品「若人は〜」の楠本隊長です。また彼と吉村、関そして小出は全員「学生ヒグマ調査団」のメンバーです。ちなみに本作は「日記とその数年後の追記、という二段構成になっていること」「学生ヒグマ調査団メンバーのその後を書いていること」という二つの意味から、仮タイトルを「後日談」としていました。
吉村は「若人は〜」執筆時から女性のつもりでした。あの団体にはジェンダーの概念がない、という設定で、「若人は〜」では男女の別を示唆する表現を避けていました。嘘ではありません。

●小道具とテーマについて
いただいた指摘にもありましたが、本作はコンパスの存在が大きな意味を持っています。羅針盤が人生を見定める力のメタファとして使われているのはよくある話で、本作も概ねその通りです。ただ、ここには個人的なこだわりがあります。
楠本たちはコンパスを地図読みに使います。地図は、羅針盤と同様に進むべき道を示す道具とされ、それが却って選択肢を制限するのだとする見方もあります(KinKi Kidsにそんな歌がありました)。
しかし僕に言わせれば、コンパスや地図は僕たちを自動で導いてくれるような便利道具ではありません。そういう意識を持っていたら遭難してしまいます。いうまでもなく、現在地や進路を判断するのはあくまで読図する人自身なのです。
「地図を読む」という行為の半分は地図を読みません。何より重要なのは周辺状況を見極めることで、次に図面と周囲を突合し、初めて現在地を判断することができます。現在地がわかれば、足元から見えない景色は地図から知ることができ、周囲環境を踏まえてどのように進めば良いかを「自由に」決めることができます。そう考えたとき、地図やコンパスはあくまで駆使すべき道具に過ぎず、地図読みとは多分に能動的で主体的な行為だといえます。
要は本作におけるコンパスは、どちらかといえば主体性や能動性のメタファだったわけです。自分の生きる領域を強固に制限していた会社が、実は吉村が言うようにすぐぺしゃんこになるような不確かなものであると気づき、周りや自分が見えてきた主人公は自分なりの道を探すのです。 そういうわけでテーマは「若人は〜」と似ていて、「日常の不確かさを乗り越える主体性」みたいな感じでした。
なお、それならアイテムは地図で良いのでは、ということにもなるんですが、街の中で実際にコンパスを下げてた人が知り合いにいるのでこちらを採用しました。なかなか素敵な感性の人でした。

●タイトルについて
仮タイトルは「後日談」でしたが、ありきたりだし、「若人は〜」ありきみたいな読まれ方をするのは良くないと思い、バンプオブチキンの名曲「ロストマン」に改名しました。この歌は、破り損なった地図や壊れかけのコンパスを持って、いつか「違う道を選んだ自分」に会いに行く、というような歌詞で、タイトルを決めてから、ああ本作も影響を受けているなと気づきました。ただ、本文とタイトルを最も強く繋いでいるのは、歌の中にある「ここが出発点 踏み出す足はいつだってはじめの一歩」という歌詞だと考えています。
本当に良い曲なので、この作品を見て、ロストマンを聴いた方がいたらすごく嬉しく思います。
スポンサーサイト
2018.11.12 Mon l 短編(サイト)関連 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 亀岡係長と西課長の左遷が決定した。これにより、二年続いた社内紛争は今後終息へ向かうことが予想される。私も部下として彼らの片棒を担いでいたため、近日中に肩を叩かれる可能性は高い。まるで他人事ですね、と矢作は呆れていた。無論、技能・管理力ともに不十分、かつ人事有権者に味方を持たない私に楽観的な要素はない。したがって、先行きに対する期待値は極めて低い。
 帰りに吉村に会った。全くの偶然である。共に学生時代を山に捧げた仲でありながら、再会したのは双方気まぐれに迷い込んだ繁華街であった。彼女は司法試験合格ののち、修習を経て今は弁護士事務所にいるらしい。名刺をもらった。離婚になったらよろしく頼むと言うと、結婚したんですかと驚かれた。もちろんまだである。
 居酒屋で少し話をした。吉村は多忙のため俗世間に疎くなっており、他の部員の近況を知らなかった。小出は寿司職人を目指していること、関は農学博士を取り、ポスドクをやっていること、等。彼らが犯した数々の失態と照らし合わせ、我々は「誰一人イメージが合わない」という結論に落ち着いた。相変わらず屈託なく笑う後輩であった。


追記

 私の近況に対する吉村の反応が印象に残っている。
「先輩の会社なんて、内部告発ひとつあればすぐにぺしゃんこですよ」
「酷いことを」
 嘆く私を上目に見てから、秘密なんですけど、と続けて吉村は打ち明けた。
「わたし、今でも持ち歩いているんです」
 ボタンを一つ外し、彼女は襟元に手を入れて紐を引っ張り出した。使い古して油の抜けたコンパスがぶら下がっていた。
「まだちゃんと北を向くんですよ」
 街でもよく迷うから、との釈明を受け、私は別れ際に冗談で「また森の中で会おう」と言った。吉村は笑った。
 この日から一年半後に会社を辞めた。更に半年が経った今、山村でハンターめいた仕事に明け暮れている私がいる。役場から嘱託の内定通知を受けた際、一番に想起したのは吉村の顔であった。これはおそらく、私の進路が彼女の影響を有意に受けていることを示唆する。
 吉村と会って以降、森の中に机を置き、コンパスを下げ、法律書に囲まれて仕事をする彼女の姿がたびたび頭に浮かんできた。吉村の事務所では、朝になるとカラ類の混群が鳴き交わし、秋にはミズナラの堅果が音を立てて降ってくる。そんな光景であった。
 彼女にまた会いたくなった。会えたら伝えたい。私もコンパスを手に歩き続けている。
2018.11.11 Sun l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 あやから文字が送られてきた。僕は近所の喫茶店でモーニングを食べていた。
--首がいたい。
--寝違えたか?
 変な顔文字が返ってきた。最近流行っている種類のものだ。僕はトーストの残りをコーヒーで流し込んだ。顔文字はきちんと時を刻んでいる。
 たぶん肩こり、という補足は車の中で確認した。
--しんどそうだな。
--しんどい! 死にたい!
--死にたいか。お前の望みは聞き入れた。
 変な顔文字を挟んで、「生きろ」と送り、僕は車を出した。
 会社への道中、あやの姿を思い浮かべた。歩道を歩くあや。助手席のあや。電車の中で僕に文字を送るあや。いずれにしてもあやは制服姿だった。写真で見る最近のあやは、僕の知るあやとはどうしても結びつかない。卒業してから一度会おうとしたのを、あやはすげなく断っている。
「わたしたち、たぶん会ったらいけないと思う」
「どうして」
「前に進めないんじゃないかなって。お互いに、新しいものに触れるべきだと思うんだ」
 それがあやの言い分だった。僕は二日落ち込み、一日怒りに狂って、あやを過去の人にすることを受け入れた。
--いじめられてはいないのか。
--おまえさんじゃあるめえし。
--ですよねー。
--そっちこそどうなの。
--どうにかやってるんだな、これが。
 牛丼屋でスマホをいじる。変な顔文字合戦が勃発する。時間の止まった間柄は気楽だ。
 仕事が終わってすぐに再びあやから文字が送られてきた。今日は構ってほしい日のようだ。
--運動不足つら。
 僕は車に乗り込んだ。後ろには登山道具が積んである。
--実は俺、去年から登山始めたんだ。
--うそ、意外。
--なまった体には効くぞお。
 そんなことを送っておきながらバッティングセンターに寄った。平均して週に一ゲーム。空振りはしない。
--いいなあ。
 スマホを持つ手が痛んだ。トラブルで野球部を辞めてから、僕の高校生活はあやと共にあった。それでどれだけ救われたことだろう。あやは僕を形作る大切な要素だった。だから、あやと出会うきっかけになったものも未だに捨てられない。
--始めれば?
--でもわたし絶対たらたら登るタイプ。
--俺なんか観察メインだから全然動かんぞ。
--じゃあその間にわたしが追いつくかどうかってとこかな。
--春は特に遅いよ。綺麗な花がたくさん咲くから。
 僕は帰路についた。ハンドルを握った手がまた痛んだ。どんな返信が来ても無視しようと決めた。今は秋だった。
2018.10.28 Sun l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 今夜は星がよく見えるよ、と美結は言った。丘には二人の他に誰の気配もなかった。綺麗に見えなくては困る。ここにないあらゆるものから僕は逃げてきたのだ。
 上空のオオジシギに「だめだよ、今夜は星を見るんだから」と嗜める声。美結は楽しんでいるだろうか。それが気になるせいで、僕はまだ彼女の顔をよく見ていない。

 僕の担いできた三脚に、美結の抱えてきたプロミナーを取り付ける。流石にこの作業は体が覚えていた。手こずって美結に笑われた頃が嘘のように、自分の道具のように扱えた。しかし、星のことはまるでわからない。
「あれがデネブ」
「ブー、あれは土星」
 プロミナーを覗く。なるほど土星の姿が見えた。
「博識ですな」
 躊躇うように服が擦れる音。それから、
「わたしね、鳥を見るのが楽しいと思えなくなった時期があるの。代わりに星の勉強ばっかりしてたんだ」
 その時期は僕と親しくなる少し前だった。美結という人間は、一から十までずっと鳥が大好きなひとだった、わけではないらしい。いくつかの星座を教わるうちに、彼女に目を向けることに抵抗がなくなった。瞳が微かに星明かりを反射している。
「美結の一番好きな星はどれ?」
 小さく唸ってから、美結はプロミナーを覗き、調節した方向に指をさした。
「ぼんやりした光、見える?」
「うん」
「あれね、星じゃなくて、銀河なの」
 頭を殴られたような衝撃があった。目を凝らすが、眉間に力が入るばかりで仕方なく、美結に代わってレンズに目を当てた。空に浮かんでいる天体は小さくても確かに、本やテレビで見たような大銀河だった。途方もない世界が広がっていた。同時に、美結の匂いに気づいた。
 このプロミナーから眺めてきたものが、遠くの銀河と重なっては消えた。森林公園に現れたというアカショウビンを探した。ウミガラスを見に離島にも行った。ハヤブサの巣を観察しよういう美結の誘いが僕らの始まりだった。マンションに作られた巣の営みを、静かな講堂で息を潜め、僕らは窓から何時間も見守った。
「星じゃないけど、一番好き」
 顔を上げ、美結を見たが、咄嗟に声が出ない。勘違いなのはわかっていた。僕を待つ不確かな日常に、こんな星空はないのだ。それでも、美結のいた日々が宇宙の全てであるような気がした。そうあって欲しかった。

「覚えておくよ」
「うん」
 この日を、とは言わなかった。代わりに暗順応した目で、僕は美結の輪郭をキリキリとなぞった。
2018.10.20 Sat l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
 この頃は朝晩がずいぶん涼しくなりました。北の街ではこのあいだ雪が降ったそうです。わたしは今朝のシャワーを一度上げました。浴室の窓を開けると、露に乗って枯れた草葉の匂いが立ちます。窓から見える紅葉が綺麗で、あなたの赤いシャツを懐かしく思います。お元気でしょうか。
 わたしは今日も濡れずに夜を越えることができました。あなたが直してくれたわたしの屋根に、わたしは守られているのです。
 あの嵐の夜のことは、今でも思い出すと凍えてしまうほど怖くなります。わたしの屋根は乱暴に引き剥がされ、大切にしていたものすべてが怪物たちに暴かれてしまいました。逃げ場もなく、風に殴られ、わたしは椅子や本や小物たちと一緒に濡れながら震えるしかありませんでした。
 あなたがやって来たのは、そんなときでした。怪物たちを押しのけ、一心不乱に板を打ち込んでいくあなたの姿を、わたしはじっと見上げていました。
 赤い屋根は、今ではわたしのいちばんの自慢です。立派な屋根だね、と町の人から言われるたびに、わたしは誇らしい気持ちになるのです。だから、あなたがまた訪ねて来てくれたら良いと、いつも思っています。あなたはわたしの作ったキッシュを、美味しそうに食べていましたね。あれからまた少し、腕が上がったんです。ねえ、あなたは今、どこにいますか。
 あなたがいたことを知っている人は、わたしのほかにはもう誰もいません。確かなものは、わたしの屋根だけです。仕方のないことですが、わたしももうすぐここからいなくなるでしょう。来年かもしれませんが、この後すぐかもしれません。けれどきっといなくなるでしょう。そのときはわたしの屋根をひとかけら持って行くつもりです。新しい屋根の下で、新しい宝物と一緒に、わたしは新しい時を刻みます。
 そしていつか、宝物すら置いていく日が来るでしょう。それはわたしがあなたを忘れる日です。でもあなたはいなくなりません。あなたがいるから、新しいわたしもいるのです。
 だからわたしは、なるべく悲しまないように、今日から冬支度を始めることにしました。紅葉がすべて散る前に、食物を整理し、冬服を出し、ストーブの埃を払うのです。それから屋根には、雪止めをつけないと。
 昼間はまだ日が当たって暖かさを感じます。わたしは今が大好きです。けれど季節の変わり目ですから、風邪には気をつけてください。紅葉がひとひら落ちました。どうかお元気で。
2018.10.20 Sat l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。