FC2ブログ
我々は宇宙人だ。名前はまだない。

土曜日の朝、生臭いきりたんぽの執拗な誘惑に負け、さもそれが世間を揺るがすしなちくの血便であるかのように耳をほじくるのがかずし。

あるがままを求めて一糸まとわぬ息子がつよし。

適温の湯船にそっと親指を立て、そこに描かれたかずしの顔に「ぼくが息を止めるとスイスの空がちょっと輝くよ」と言わせるのがてつし。

そんな彼らの毎日を、山崎パンの段ボールから見守る我々には名前がまだない。

あると思ったか?それがまだな、ないんだ。

我々の使命は世界の征服ということになっている。無論初期設定ではない。

だが名前がないのでは、征服した時になんと名乗ればいいか分からない。

だから絶賛募集中であるという張り紙を電柱に張り付けていたのがきよし。

ん?彼は誰?彼は我々の仲間だった半裸人だ。

しかし名前を与えられてしまったので段ボールから追放したのである。

なぜなら、名前を与えられたらもう我々の仲間ではないからだ。

それでは一生世界征服など無理だって?っていうか、あんた誰?

ああ、もとしくんね。名前があるんだ、へぇ。

ならあまり私を怒らせない方がいい。消えたまえ。

さもなければそのつむじからサボテンの花が咲くことになる。

暁には魔女裁判にかけてやろう。ぶぼぼ、もわ。

失礼、笑ってしまったわ。しかしその禿げ頭、どうにかした方がいい。

つむじが見えないからぶぼぼ!

さて、我々宇宙人にもつむじはある。三つある。

それぞれにはきちんと名前がある。我々にはないのに。

一つ目はおとめ座銀河団。

二つ目はハードボイルドワンダーランド。

三つ目はてつし。

いや、ひとしだったか……そういうのは別に気にしない。

とにかく名前がない。

味噌汁でさえ味噌を除いても「汁」ではなく「お吸い物」という名になるのに。

え、違う?まぁいいや。

さぁ、気付いたかね?しかしもう遅い。残念であった。

ようやくこの薄っぺらい世界は我々の手に落ちようとしているのだもわ!

長い道のりだった。長い道のりだった。

ほらてつし、サライの空だって輝いているよ。

我々はついにここまで来た。そして気付いた。

ようやく気付いたのだ。

我々に名前が与えられるのは、任務を遂行した時なのだということに!

おかあさん、おとうさん。僕たちはこんなに大きく(男の子)

こんなに立派に(女の子)育ちました、かたじけない(全員で)。

さぁフィナーレだ。ここに高らかと名乗ろうではないか。

そう、我らの名は!



「戯言」。


------------------------------

※こうして見事千文字の世界を落としていった戯言さんだったのである。
スポンサーサイト



2011.11.30 Wed l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/121-a0c30ba9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)