FC2ブログ
短編がごちゃごちゃしてきたので、目次を作ってみました。
「残念系」「ホラー系」「男女関係系」「家族系」「友情系」「言葉遊び系」「観念系」とジャンルも添えて。
※ここで「言葉遊び系」とは、「特にテーマを考えずに書いたらできた超ライト作品」を指します。
※ここで「観念系」とは、「上記に特別見合うようなテーマはないが、言葉遊びよりは重い題材を扱っているもの」とします。

#1『月が奇麗なのは』 (男女関係系)
#2『ソルビンさん』 (言葉遊び系)
#3『落下傘』 (観念系)
#4『今でもまだ後悔していること』 (ホラー系)
#5『共選場にて』 (男女関係系)
#6『ヤキツマサキ』 (家族系)
#7『メメント・モリ』 (観念系)
#8『村八分』 (ホラー系)
#9『サイダー』 (男女関係系)
#10『生きててよかった!』 (残念系)
#11『東の夕焼け』 (観念系)
#12『世界が終る夜に』 (男女関係系)
#13『風に立つライオンに、よろしく』 (男女関係系)
#14『風に立つライオンさんへ』 (男女関係系)
#15『絶望の砂漠』 (残念系)
#16『この道の向こうで』 (男女関係系)
#17『鶏頭のYASUO』 (言葉遊び系)
#18『巻尺談義』 (言葉遊び系)
#19『中吊りポスター』 (男女関係系)
#20『よりどころ』 (観念系)
#21『空の視座』 (観念系)
#22『時雨』 (友情系)
#23『なっちぇる』 (男女関係系)
#24『ソクラテスの血』 (男女関係系)
#25『春に』 (男女関係系)
#26『茶番』 (友情系)
#27『僕らの時計』 (男女関係系)
#28『夜の死者』 (観念系)
#29『狼』 (家族系)
#30『益浦神社』 (家族系)
#31『ただ、誠実に』 (男女関係系)
#32『ありふれた永遠』 (男女関係系)
#33『レポ友』 (友情系)
#34『ええっしょ』 (残念系)
#35『ランプの廃人』 (残念系)
#36『縁、或いは空がなす色、或いは有機的な世界』 (言葉遊び系)
#37『##ここに我々の名前を入力##』 (言葉遊び系)
#38『アイなど無い』 (男女関係系)
#39『「テツ」という、犬がいた』 (男女関係系)
#40『いつかの海の声が聞こえる』 (観念系)
#41『処刑』 (ホラー)
#42『ドッペルゲンキガー』 (残念系)
#43『山桑』 (男女関係系)
#44『贈り物』 (ホラー系)
#45『ある少年の不条理体験』 (家族系)
#46『回顧録』 (男女関係系)
#47『蛇にまつわる怪談話』 (ホラー系)
#48『電子的二十面相』 (観念系)
#49『夢の国』 (家族系)
#50『みどりと僕』 (言葉遊び系)

1000文字小説目次(51-100)→こちら

※追記にて、作者個人のお気に入り十選を発表してみます。
#3『落下傘』
……「ろじっくパラダイス」(http://logipara.com/)のスカイダイビング体験に関する記事を見て思いついたもの。意図せず感傷的な作品になりました。僕は影が好きです。

#6『ヤキツマサキ』
……植物にまつわるお話が書きたくて書いた父と娘の話。題名を見てマサキが頭に浮かんだ貴方はあるいみ正しいです(笑)。僕はまだ親の気持ちは分かりませんが、きっとこんなもんじゃなかろうかと思います。

#8『村八分』
……視点をずらせば、主人公が精神的に追い詰められて幻覚を見たりするお話です。イメージは完全に世にも奇妙ななんとやら。酔っ払ったが運の尽きでしたなぁ。

#11『東の夕焼け』
……純粋なファンタジーです。天才バ○ボンの話ではありません。でもトイレで思いつきました。絶望に満ちているのに、主人公が目にしているのは美しい世界だと、僕は思います。

#13『風に立つライオンに、よろしく』
……主人公の頭でっかちさが気に入っています。自分自身、人間らしい生き方について考えざるをえないオマージ作品。ちなみに「ブラックジャックによ○しく」はよく知りません。

#18『巻尺談義』
……一人酒の寂しさがあいまって「まきじゃくぅ」と叫びたくなります。帯をめいっぱい伸ばしてからボタンを押してスルスルッと戻すときの感覚、いいですよね。どうでもいいけど。

#23『なっちぇる』
……カップルの価値観を巡るお話です。タイトルからは分かりにくいと思われますが、「クリの果皮をなんと呼ぶか」についての論争が主軸。僕は男が勝ったと思う。

#30『益浦神社』
……モノローグ的純文学。記憶を辿りながら描きました。あそこのカシワ林はミズナラ林と連続していて、間に「カシワモドキ」というのが云々。サクラスミレ、見たいなぁ。

#43『山桑』
……幼い恋の物語。補足ですが、後ろから美由紀ちゃんが来た時、主人公は絶望しつつも、少し安堵を味わっています。個人的に共感してしまう。知り合いに美由紀ちゃんいないけど。

#45『ある少年の不条理体験』
……兄弟がいれば、体験したことあるんじゃないでしょうか。主人公は負けず嫌いです。家族は温かいです。そんな作品。火をつけてやろうとか、けっこうリアルな思い出も交えつつ(笑)。

そんな感じです。
やっぱり純文学系のほうが書きやすい気がします。
スポンサーサイト




2011.10.04 Tue l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/145-d4db86cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)