FC2ブログ
 胸焼けがしていた。テニスサークル独特の濃厚な雰囲気と、宴会特有の騒々しさと、酒と、さっきからやたら話しかけてくる沙絵の声が混ざり合って、消化不良な俺の胃内容物とほとんど同化していた。

 長らく足が遠のいていたのは、別に「やむにやまれぬ理由があった」ってわけじゃない。なんとなく、単に面倒くさくて。ただしそれが、本音の更なる本音にあたるのか、あるいは建前に当たるのかは俺にもよくわからない。

 久々に見る沙絵は回らないろれつで、俺に向かって何かを訴えていた。俺は沙絵を女として見ていたし、実際に一度だけ抱いた事がある。だからその声は、姿は、俺の衝動を駆り立てた。とはいえそれ以上のことはない。俺と沙絵の間にはガラスの板が張っていることを、俺はもう知っていたのだ。

 そこに息を吐きかけるほど、胸が腐っていくような気がしてならなかった。沙絵が今までに何人の男と寝たのか、その真意がどこにあるのか、俺には不可解すぎてかなわない。そして改めて顔を合わせてみると、俺は理解を既に諦めている自分に気付かされたのだった。ガラスを乗り越えてきた沙絵のフェロモンが鼻を突き、堪らず立ち上がる。すがるような視線に刺されて疼く自分自身の滑稽さに俺は嘲笑した。

 トイレから戻ってくると、沙絵は泣いていた。保護なのか見物なのか、女子の群れがたかって俺はもう近寄れない。何があったのかは知らない。しかし知りたくもない。それ以上足を踏み入れたら今度こそ本当に吐きそうだった。

 涼んでいるうちに宴会は終わり、俺は酔っ払いを追い払い後始末の手伝いをした。だが目処が立ち店を出た途端、落ち着きかけた吐き気が再び渦を巻き、同時に色覚は失われる。暗がりに浮かぶ景色ははっきりとした悪意を帯び、俺の前で大きく歪んでいたのだ。ぶくぶくと、胸のすぐ裏側が腐臭を放って激しく沸いた。

 すぐにその場にいることの絶望を悟り、熱気を帯びる一団に背を向けて、俺は凍りついた路地をふらふらと歩き出す。しかし聴覚はいつまでも研ぎ澄まされ、背後の声を勝手に逐一拾い上げていた。

 そこに、俺は質感のある幻覚を見た。俺と沙絵が馬鹿みたいに泣きながら濃厚なキスをする幻覚だった。だが正確には俺が幻覚だと思いたかったというだけで、ただ相手が俺でなかったというだけの、それはほとんど現実だったのだろう。

 大通りで帳を裂く土木工事の、騒音が耳をつんざいて、思わずあげた俺の叫び声は誰にも届かない。
スポンサーサイト



2012.01.21 Sat l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/204-9c6e02b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)