FC2ブログ
 玄関に出てきたのが父親で緊張したいたぶん、家の中に通されたときは腰が抜けるかと思うほど驚いた。二階に上がり、加島の部屋をノックすると中からへんてこな声が聞こえ、一分間くらいして、にやにやした父親は「ゆっくりしてください」と言い去って行った。目の前に、毛布と一緒に縮こまっている加賀とベッドが現れた。
 僕は謝ろうかと逡巡する。僕は玄関でよいと言ったのだ。父親に通された時も、まさか彼女の部屋に案内されるとは思わなかった。が、それをどこかで期待していたのも事実で、結局それどころではない加賀と同時に「なんか、ごめん」と合唱する。
「寝すぎると、髪がぼさぼさだし、顔はむくむし、くまもでるから……」
 両手で鷲掴みにした髪を顔の前にかき集めて言い訳を始めるので、僕は加賀にどうコメントをするべきかわからなくなってしまう。部屋は僕の姉とは違い整えられていていかにも女の子らしく、それに加えて滞った空気に匂いが満ちている。彼女の体が小さく見えるのは、彼女の成分が部屋に溶け出しているからではないか、と思うと、僕は部屋のどこへ目を遣るのにも躊躇われる気分だった。それで視線を加賀に戻すが、あまり見て欲しくなさそうなのは明らかで、でも僕は彼女をよく見たいとも思っていて、自分の手が加賀用のプリントを抱えていることは、葛藤の間ずいぶん蚊帳の外だった。
 少しずつ、僕は近況を加賀に伝え始める。どうにかして冗談をねじ込んで、笑ってもらった。
「ありがとう」
 そう言って、加賀は一瞬だけ、僕のほうをようやく見てくれた。僕は内心舞い上がったのだけれど、それを悟られるのはひどく気まずいことのような気がした。だから彼女の顔をちょっと見つめるだけにして、「うん」といった後、ポケットからペンを取出し、僕は彼女のプリントに間借りした隅で絵を描き始める。
「……かわいい。絵、うまいんだね。パンダ!」
 輝きのある声。僕はもう顔の弛緩を抑えきれなくなって、
「これ、加賀の似顔絵な」
 と言った。
「えー……意地悪だなぁ」
 彼女の不意を突いたことで、僕は絨毯の感触や、部屋の温度や、加賀のパジャマ姿が、自分のほうに歩み寄ってくるのを感じたのだった。それでも、「パンダ、かわいいじゃん」とは言えなかった。
「失礼。はい、お茶」
 加賀の父親は、適度なタイミングで様子を見に来ることを忘れない。
「ノックしてよ!」
 怒鳴る加賀に、僕は一人苦笑いを浮かべる。

---------------------------
※高校生、というよりは、自宅通いの大学生同士くらいのやり取りに見える。
※見られたくない姿を見られて傷つく心理は割愛。
スポンサーサイト



2012.11.11 Sun l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/257-1f4324c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)