FC2ブログ
 あやから文字が送られてきた。僕は近所の喫茶店でモーニングを食べていた。
--首がいたい。
--寝違えたか?
 変な顔文字が返ってきた。最近流行っている種類のものだ。僕はトーストの残りをコーヒーで流し込んだ。顔文字はきちんと時を刻んでいる。
 たぶん肩こり、という補足は車の中で確認した。
--しんどそうだな。
--しんどい! 死にたい!
--死にたいか。お前の望みは聞き入れた。
 変な顔文字を挟んで、「生きろ」と送り、僕は車を出した。
 会社への道中、あやの姿を思い浮かべた。歩道を歩くあや。助手席のあや。電車の中で僕に文字を送るあや。いずれにしてもあやは制服姿だった。写真で見る最近のあやは、僕の知るあやとはどうしても結びつかない。卒業してから一度会おうとしたのを、あやはすげなく断っている。
「わたしたち、たぶん会ったらいけないと思う」
「どうして」
「前に進めないんじゃないかなって。お互いに、新しいものに触れるべきだと思うんだ」
 それがあやの言い分だった。僕は二日落ち込み、一日怒りに狂って、あやを過去の人にすることを受け入れた。
--いじめられてはいないのか。
--おまえさんじゃあるめえし。
--ですよねー。
--そっちこそどうなの。
--どうにかやってるんだな、これが。
 牛丼屋でスマホをいじる。変な顔文字合戦が勃発する。時間の止まった間柄は気楽だ。
 仕事が終わってすぐに再びあやから文字が送られてきた。今日は構ってほしい日のようだ。
--運動不足つら。
 僕は車に乗り込んだ。後ろには登山道具が積んである。
--実は俺、去年から登山始めたんだ。
--うそ、意外。
--なまった体には効くぞお。
 そんなことを送っておきながらバッティングセンターに寄った。平均して週に一ゲーム。空振りはしない。
--いいなあ。
 スマホを持つ手が痛んだ。トラブルで野球部を辞めてから、僕の高校生活はあやと共にあった。それでどれだけ救われたことだろう。あやは僕を形作る大切な要素だった。だから、あやと出会うきっかけになったものも未だに捨てられない。
--始めれば?
--でもわたし絶対たらたら登るタイプ。
--俺なんか観察メインだから全然動かんぞ。
--じゃあその間にわたしが追いつくかどうかってとこかな。
--春は特に遅いよ。綺麗な花がたくさん咲くから。
 僕は帰路についた。ハンドルを握った手がまた痛んだ。どんな返信が来ても無視しようと決めた。今は秋だった。

-----------------

タイトルの「文」は「あや」と読みたい。
スポンサーサイト




2018.10.28 Sun l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/296-77e13ed5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)