fc2ブログ
 こんな朝から汗が噴き出して口の中は塩辛い。俺たちは夏を蹴り起こす。杉の枯葉が積もった地面から、発声練習もできていない蝉たちが慌てて飛び出していく。出合え出合え。
 水のない谷をひたすら歩く。ポケットから地形図を取り出して読図、ついでにGPSの座標を確認して立ち止まる。振り返ると、俺が蹴り散らした埃の中を木漏れ日が幾筋も降りている。光に照らされたシゲさんと目が合って、ずんぐりした汗まみれのシゲさんはノソノソ歩きながら罰が悪そうに笑う。しなった杉の枯枝に躓いて、もう三回転んでいるから薄汚い。
 俺は紅白のポールを十字に組んで風景の一部になる。渓流荒廃状況写真だっけ? 知らん、あとは好きに切り取ってくれい。
 カメラを取り出すのにてこずるシゲさんも風景には溶け込んでいた。

 今日が夏のピークらしい。俺たちは蜘蛛の巣デストロイヤー。夜のうちに綺麗に整えられた巣を容赦なく破壊していく。退避する女郎蜘蛛を見送って進む藪だらけの川は暑いんだか涼しいんだか分からない。後ろで熊みたいに盛大な水の音、呆れるくらいに。
 昨日の電話は漏れていた。多分親御さんから、仕送りの催促だったんだろう。
 シゲさんはどうにか一人で立ち上がる。浅い川水は俺からシゲさんの方へただ流れていく。
「大丈夫ですか」
「え?」虚をつかれたシゲさんはプーさんの顔。やっぱり熊だ。
 こんなんでも、会社にいる時よりシゲさんはずっといい顔をしている。新人にこき使われようが山が好きなんだ、きっと。チーフのデスク前に立たされて一日中詰められている姿が朧げに浮かぶ。まるで夢みたいだ。夢なんだろう。

 山を抜けたら風が乾いて少し冷たい。何となく外で電話連絡。チェーン脱着場にゴロゴロ転がる毬栗を足で転がして。
「チーフ、シゲさんのこと褒めてましたよ」
 運転席でぼんやり外を眺めていたシゲさんは外を見たまま目を細めて「うん、そっかぁ」とだけ言った。
 シゲさんは会社に戻ったら仕事をやめる。実質クビらしい。なのに泥だらけの作業着はシゲさんの平和な呼吸に合わせて穏やかに膨らむ。
「帰りの運転、かわりましょうか」
 シゲさんははにかみながら首を振り、車は緩やかに走り出す。ため息を呑んで見やったずんぐりの肩に丸々太ったヒル発見。黙って取っても右折するシゲさんは気づかない。
 万感の思いを込めて窓を開け、ヒルを指でこねくり回してから外に放り投げた。俺たちは夏を後にする。
-------
小説コンペサイト「短編」第240期応募作品です。
http://tanpen.jp/240/
感想をくださった方々ありがとうございました。

北海道を舞台に書くことが多い中で、本作は完全に本州を意識した作品でした。
真夏の始まりに林床の蝉を追い出しながら歩いたり、蜘蛛の巣を破壊しながら川を歩くのは実体験に基づきます。
新入社員の感性ってこんな感じだったかな、と思いをはせながら書きました。
文体もそれに合わせて崩しましたが、もっと普通の文体でもよいのでは、というご指摘もいただきました。
スポンサーサイト




2022.11.12 Sat l 1000文字小説 l コメント (0) トラックバック (0) l top

コメント

コメントの投稿












トラックバック

トラックバック URL
http://kirinonarahito.blog.fc2.com/tb.php/311-55cd9bf7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)